医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

きめ細やかな育成制度で、有能な医師・看護師を育む

当院では高度な知識、技能をもって、患者・家族の皆さまの思いに応えられる医療従事者を育てるため、きめ細やかな育成制度を整備しております。研修医の臨床研修制度では、学会認定の指導医をそろえ、評価の見える化、プリセプター制度など、向上心をもって実践力を身につけられる環境づくりに努めています。救急医療を実地で学ぶ研修や関連施設での地域医療研修など当院の特性を生かした学びも強みです。また看護師育成では段階別の体系的な育成制度を導入。長期的な視点に立った看護師育成を図っております。

当院の特性を生かし
充実した臨床研修制度

臨床研修制度を実施

次世代に求められる優れた医師を育成するため、全病院的な協力体制による臨床研修制度を実施しております。
初期研修プログラム1年目では、1カ月単位での各科ローテート研修を実施。各科にアテンディングドクターとして学会認定の指導医がそろう環境で、OJTによる経験学習サイクル、実践力を身に付ける外来での1分間指導、一貫した指導教官を置くメンター制度、昼食の時間を利用した実践的な知識を学ぶランチョンセミナー、評価項目の電子媒体化など、若い医師が向上心をもって実践的に学べる環境づくりに努めています。
また「教えることは学ぶための最良の方法」というコンセプトのもとにプリセプター制度を導入、1年目の新人を2年目の研修医が指導、さらに2年目研修医を3年目以降の後期研修医が指導するという屋根瓦方式で、学びの積み重ねによる成長を図っております。

救急医療についてトータルな知識と技能を身に付ける

救急医療への積極参加を図るアーリーエクスポージャー研修も、救急医療体制に定評のある当院ならではのカリキュラムです。特に麻酔科がER・ICUをトータルで運営していることで、重症疾患の初期対応から集中治療まで、救急医療についてトータルな知識と技能を身に付けることができます。

研修医の研修プログラム

よりよい医療教育のため、
部門、職種を越えた連携

地域の医療界で必要とされている医師の育成を目指す

東分院・高浜分院・ハビリス 一ツ木など関連施設との連携によって急性期後の管理、慢性疾患の外来治療などの地域医療研修も組み込み、地域の医療界で必要とされる医師の育成を目指しています。
当院は各診療科学会から教育病院の認定を受けていることで、初期から後期へと継続して学ぶ研修医も多いです。3年目以降の後期研修では、専門医資格が重視される傾向を踏まえて、専門医養成コースを設け資格取得支援にも力を入れております。

地域の医療界で必要とされる医師の育成を目指す

地域の医療界で必要とされる医師の育成を目指す

院外への働きかけも積極的に行っています。当院は名古屋大学関連病院卒後臨床研修ネットワークに参加しており、また名古屋市立大学医学部とのたすきがけ制度も実施しています。海外での最新の医学教育を採り入れるため、研修医だけでなく指導医も対象として、アメリカのトーマス・ジェファーソン大学への海外研修も行っております。研修医の学会発表では、日ごろの研修の成果を発表するだけではなく、当院をPRする役割を担っています。
臨床研修センターが研修医・指導医・研修計画全体を評価、臨床研修管理委員会が研修の実施面を管理するなど、研修医ごとに育成を最適化。多様な診療科・医師、さらにコメディカルなど部門や職種の壁も越えた全院挙げての医師育成に取り組み、卒業臨床研修評価機構の第三者評価を受けるなど、よりよい教育制度づくりに努めております。
こうした教育の拡充が実を結び、研修先として希望する学生が増加、有能な若手医師の確保にもつながっています。

NETの段階別課程により
成長を実感できる看護教育

目標を意識した取り組みで向上心を高める

目標を意識した取り組みで向上心を高める

看護部門においては、NET(Nurse Education System of Toyota-kai)を導入し、長期的視野に立った看護師育成に取り組んでいます。
NETの中核はクリニカルラダー制度だ。段階ごとの育成課程を明確に示し、体系的にレベルアップを図る現任教育システムです。この制度の導入で新人の段階から目指すべき看護師像と必要な要件が明確に示されており、目標を意識した取り組みで向上心も高まり職場の活性化につながっています。
また新人担当看護師によるメンタル面のフォローを行うプリセプター制度、年3回の個別面接などきめ細やかなサポートも実施。当人の適性に合わせた将来像を提供することで、早期退職回避、適材適所の配置など、着実に成果を上げております。

時代のニーズに応えられる看護のプロを育てる

医療の専門化もさらに進展し、看護分野でもジェネラリストだけでなく分野ごとに特化したスペシャリストが必要とされます。看護部内では40種以上の院内研修に加え、専門性の高い院外研修、学会への参加支援、出張扱いでの各種教育課程受講支援も積極的に行っています。
さらに平成24年度から、主任・師長・部長を対象としたマネジメントラダーの検討を始めました。長期にわたるキャリアアップへの道を拓く意欲的な制度です。
教育制度の充実により、採用面でも意欲的な人材をひきつける効果も表れています。育児短時間勤務制度の導入、保育体制の拡充など、経験豊富な中堅世代が働きやすい職場環境が充実しています。時代のニーズに応えられる看護のプロを育ててまいります。

現任教育の模式図(NET :Nurse Education System of Toyota-kai)
  • 救急医療 災害医療
  • 最先端医療
  • がん診療
  • チーム医療
  • 地域医療連携
  • 医療安全
  • 教育システム
  • IT化の推進
  • 健診センター

病院紹介一覧に戻る

information病院紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談