医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

臨床工学科

患者の皆さまへ

安全で確かな技術を提供いたします。

現代における高度な医療水準は、医療機器の飛躍的な性能向上によって支えられています。そして、年々進化し続ける呼吸・循環・代謝機能を代替・補助する生命維持装置の必要性は高まり、安全性の確保を含めた総合的な管理が必要となってきました。
私たち臨床工学技士は、生命維持装置をはじめとする高度医療機器の操作・管理・保守点検・スタッフ教育などを行い、スペシャリストとして院内の総合機器管理に努めています。また、手術室、救命救急センター・CCU・血液浄化室・内視鏡センターなどへ臨床工学技士を派遣し、チーム医療の一員として医師・看護師などと連携して業務を行っています。私たちは安全で確かな技術を提供し、皆さまの健康に寄与いたします。

臨床工学科リーダー天野 陽一

主な業務と取り組み

機器管理業務

中央医療機器管理
医療機器管理室では、医療機器安全管理責任者を配置し、院内全域にわたる医療機器の保守管理、医療スタッフへの業務支援などを行っています。複数の部署で使用可能な機器を一元管理し共有することで、効率的な機器の運用ができます。
機器を統一することで消耗品の低減、物品管理の簡素化、教育時間の短縮と質向上につながり、医療機器を使用していく上で安全な環境を提供しています。また、院内全域に配置されているAED(自動体外式除細動器)の集中監視システムの管理も行っています。
人工心肺・補助循環
人工心肺装置は、心臓手術などの際、一時的に心臓と肺の機能を代行する装置です。この他、心筋保護装置・大動脈内バルーンパンピング装置(IABP)・心肺補助装置(PCPS)を医師の指示のもと操作します。
人工呼吸管理
病棟で使用されている人工呼吸器管理として、心電図・二酸化炭素濃度・酸素飽和度などの各種のモニタを用いた生体情報を管理し、安全性を高めています。また、呼吸ケアチーム(RCT)として院内ラウンドを行うことで、患者さんの状態について医師への情報提供が円滑に行えるよう、積極的に関わっています。
在宅医療機器管理
ご自宅で医療機器を用いる在宅医療では、人工呼吸器・経腸栄養ポンプ・中心静脈栄養ポンプ導入に対して不安に感じる方もいらっしゃると思います。患者・家族の皆さまに安心して過ごしていただけるよう、機器の取り扱いとトラブル時の対応について、患者さんに合わせた教育を行っています。
また、人工呼吸器の導入では、退院前に患者さん宅へ伺い、機器を使用する部屋の電気容量や環境の確認だけでなく、試験外泊も行っていただくことで、より安全・安心な在宅生活が確保できるように努めています。
ペースメーカー管理
めまい、失神、心不全症状などを伴う高度房室ブロックや洞機能不全症候群に対して、ペースメーカーを体内に植え込み、徐脈性不整脈の治療を行います。また、その他にも発作性頻拍の治療で使用されることもあります。
主な業務は、専用の装置を用いてペーシング閾値やセンシング閾値の測定です。また、一部の機種では、遠隔モニタリングシステムから送られてくるペースメーカーの情報(電池・リード線の状態、不整脈の有無など)を確認しています。この遠隔モニタリングシステムでは、患者さんが来院することなくペースメーカーの情報が確認ができ、定期検査がより簡便になります。

手術室業務

当院では、全国に先駆けて手術室に10名の臨床工学技士を配置しました。年々進化し続ける技術・機器に対応し、安全を確保した上で器械出し(清潔補助業務)、外回り業務、手術準備、環境整備などを行っており、全国的にも注目を浴びています。
手術支援ロボット「ダ・ヴィンチSi」の手術をはじめ、さまざまな場面で医師・看護師・診療放射線技師などと協力し、それぞれが専門的な見地で対応できる、非常に効率の良いチーム医療の体制が整っています。質の向上および安全な医療の提供に努めています。

血液浄化業務

血液浄化室は、透析導入期、入院中の血液透析を中心に、年間350名以上の透析患者さんの治療を行っています。
主な業務は、通常の血液透析業務・特殊血液浄化業務・透析機器の保守点検業務・透析液の清浄化業務などがあり、特殊血液浄化業務では単純血漿交換・二重濾過血漿交換・選択的免疫吸着療法・LDL吸着療法・顆粒球吸着療法・白血球吸着療法・腹水濃縮再静注療法など広範囲な業務を行っています。また血液透析に必要なシャントを適切に管理するために、超音波エコーを使用し、狭窄などのシャントトラブルの防止に努めています。

高気圧酸素治療業務

高気圧酸素治療とは、特殊な装置を用いて普段生活している圧力(大気圧)よりも高い圧力を作り、その中で高濃度の酸素を吸うことによって、身体に取り込める酸素の量を通常の10~20倍にまで増やす治療です。
血管に狭窄が生じると、その先への血液の流れが悪くなり、十分な酸素が組織に届きにくくなって、さまざまな病気の原因にもなります。そこで高気圧酸素治療によって溶解型酸素量を増加させることで、血液の流れに関係なく体の隅々まで酸素を行き渡らせることで病気やけがで損なわれた組織の回復を促します。また、効果は一過性と思われがちですが、治療を継続し、点滴・放射線治療・疼痛緩和治療などを併用することにより、効果は維持されます。

内視鏡センター業務

内視鏡検査とは、一般的に胃カメラ・大腸カメラ検査と呼ばれているものです。
使用する機器は柔らかいホース状の先端にCCDカメラを組み込んであるスコープで、胃や大腸内の詳細な画像をモニターで観察します。内視鏡センターには3名の臨床工学技士(第一種消化器内視鏡技師)が配属され、数十本のスコープや高周波焼灼装置などをはじめ各種モニター類を管理し、日常・定期点検や精密機器の取り扱い教育を行っています。
また、検査中は看護師と共に胃カメラ・大腸カメラ検査時の生検・ポリペクトミーなどの介助も行い、チーム医療に努めています。

救命センター業務

救命救急センター・ICUでは、主に急性血液浄化業務、人工呼吸関連業務、補助循環業務、機器管理業務を行っています。
急性血液浄化は、救急集中治療専門の麻酔科医の管理のもとで行う治療法で、重症症例にも24時間体制で対応し、患者さんの早期回復に向けて医師・看護師・コメディカルと連携してチーム医療に努めています。

スタッフ構成・資格

スタッフ構成

26名(平成29年4月1日現在)

所属スタッフの有する主な資格

透析技術認定士 8名 第一種消化器内視鏡技師 3名
呼吸療法認定士 8名 臨床ME専門認定士 3名
臨床高気圧酸素治療技師 6名 MDIC認定士 1名
体外循環技術認定士 2名 アフェレシス学会認定技士 3名
手術関連専門臨床工学技士 1名

診療技術部紹介一覧に戻る

中央診療部紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談