医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

薬剤部

患者の皆さまへ

薬に対する理解を深めて効果的な治療につなげる

医療における薬物療法の必要性はますます増大してきていますが、その必要性に対する患者の皆さまの認識は、これまであまり高いものとはいえなかったと感じています。
適切な薬物療法の実践のためには、医療の側だけでなく患者の皆さまも薬に対する理解を深めていただく必要があると考えます。ご理解・ご協力をお願いいたします。

薬剤部長足立 守

主な業務と取り組み

調剤(外来・入院)
外来・入院患者の皆さまに対して、電子カルテから処方データを受信・処理後、システムを使って調剤しています。
外来患者の皆さまには、ある時間帯や処方の内容によっては、お待たせする時間が長くなってしまうこともありますが、 調剤機器の導入、業務の効率化などをはかり、患者の皆さまの待ち時間の短縮に努めています。
また、窓口やお薬相談室での服薬指導の充実に努めています。
薬品供給
入院患者の皆さまに対しての注射剤についてもシステム化され、患者さん別に用意して病棟への払い出しを行っています。
なお、抗悪性腫瘍剤配合点滴、中心静脈から持続点滴される栄養輸液注射などについては、薬剤科で無菌的に調製した後に払い出しています。
また、外来や病棟などで処置的に使用される注射剤や治療に直接的には関わらない医薬品類(X線造影剤、検査・診断用剤、消毒剤など)を院内の各部署に払い出しています
製剤
数多くの医薬品が市販されているにもかかわらず、医療上の必要性からそれらをさらに加工・改善した薬剤が求められることがあります。また、治療・検査・診断などで必要不可欠でありながら市販品がないものもあります。それらについて薬学的知識・技術をもって院内で調製しています。
医薬品情報管理
医薬品に関する情報の収集・蓄積・保管・評価・提供を行っています。院内各部署からの問い合せに対し調査・回答をしたり、医薬品情報誌の発行などを通じて最新の情報を各部署に伝えたりしています。外来初診時や入院時などに患者さんが持ち込まれた薬が何であるか、当院では何に該当するのかの調査依頼(薬剤鑑別)への回答も大きな割合を占める業務となっています。
薬剤管理指導
入院患者さんに対して、薬剤師がベッドサイドに出向いて服薬指導を行うなどして、個々の患者さんに対しての投薬全般の薬学的管理(重複投薬・副作用・相互作用・投与禁忌などのチェック、薬物血中濃度のデータ解析)を行い、より良質な薬物療法の提供を目指しています。
治験薬管理(治験事務局)

治療に不可欠な薬が世に出る前には必ず治験というステップを踏んでおり、当院での治験実施の可否については治験審査委員会により審議されています。その事務手続き、患者さんへの同意取得前説明、治験薬の保管管理、調剤・服薬指導を実施しています。

標準業務手順書   IRB前回議事録   様式集(ZIP)

品質環境統合マネジメントシステム(ISO9001)への取り組み
当院では、ISO9001に取り組んでおります。薬剤部においても病院の品質環境統合方針に則り、医療サービスの品質向上、地球環境保全活動に取り組んでいます。医薬品の破損防止、 劇毒物の管理徹底については、ISOのマネジメントシステムに従って実施しています。

スタッフ構成・資格

スタッフ構成

57名(平成28年4月1日現在)

所属スタッフの有する主な資格

認定薬剤師(薬剤師研修センター) 28名 生涯研修認定薬剤師(日本病院薬剤師会) 23名
認定薬剤師(日本医療薬学会) 2名 認定薬剤師(日本病院薬剤師会) 41名
実務実習指導薬剤師(日本病院薬剤師会) 14名 実務実習指導薬剤師(薬剤師研修センター) 5名
緩和薬物療法認定 4名 がん薬物療法認定 4名
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 1名 感染制御認定 3名
抗菌化学療法認定 2名 小児薬物療法認定 3名
腎臓病薬物療法認定 2名 糖尿病療養士 3名
栄養サポートチーム(NST)専門 3名 漢方薬・生薬認定 1名
医療情報技師 3名 認定ICLSインストラクター 1名
スポーツファーマシスト 3名 骨粗鬆症リエゾンマネージャー 1名

最新機器紹介

抗がん薬調製支援装置導入
平成28年9月、化学療法センターの開設にあわせて、抗がん薬調製支援装置「DARWINTM-Chemo」を導入しました。
この装置は、東京大学医学部付属病院、九州大学医学部付属病院、日科ミクロン㈱、㈱安川電機が共同開発を進めてきた「抗がん薬を全自動で調製するロボット」で臨床現場への導入は全国初となります。

この装置は、双腕ロボットが人に近い動きをして抗がん薬を処方どおりに抜き取り、輸液に混合する工程をロボットが無菌環境下で行います。また、事前に薬剤をセットすることで自動で薬剤の調製を開始します。
正確な調製によって抗がん薬投与の安全性が向上するほか、医療従事者の抗がん薬暴露を低減できます。日本初の全自動調製支援装置による全自動の調製で、高効率で高精度な化学療法を実現し、患者さんと医療従事者の安全を守ります。

平成28年10月より全自動ロボットで調製した抗がん剤の臨床投与を開始し、年内に本格運用予定です。

無人での稼働が可能であり、ロボットに業務を代替させることで、薬剤師が患者さんと接する時間を増やすことができます。今後は全ての外来抗がん薬治療患者さんに対する薬剤管理指導を化学療法センターに集約し、薬剤管理指導の充実と強化に努めます。
正確・高精度 ●薬品・器具自動照合 ●正確な針刺し ●重量監査 ●攪拌
ロボットによる正確な調製をすることで調製間違いによる事故を回避
高効率 ●ストックトレイ方式による長時間自動運転
調製業務の負担軽減による薬剤管理指導の充実・強化
安心・安全 ●自動洗浄 ●簡単操作 ●非常時対応 ●安定稼働
抗がん薬調製者をはじめとする抗がん薬に関わるスタッフに安全な環境を提供
薬品供給
入院患者の皆さまに対しての注射剤についてもシステム化され、患者さん別に用意して病棟への払い出しを行っています。
なお、抗悪性腫瘍剤配合点滴、中心静脈から持続点滴される栄養輸液注射などについては、薬剤科で無菌的に調製した後に払い出しています。
また、外来や病棟などで処置的に使用される注射剤や治療に直接的には関わらない医薬品類(X線造影剤、検査・診断用剤、消毒剤など)を院内の各部署に払い出しています
製剤
数多くの医薬品が市販されているにもかかわらず、医療上の必要性からそれらをさらに加工・改善した薬剤が求められることがあります。また、治療・検査・診断などで必要不可欠でありながら市販品がないものもあります。それらについて薬学的知識・技術をもって院内で調製しています。
医薬品情報管理
医薬品に関する情報の収集・蓄積・保管・評価・提供を行っています。院内各部署からの問い合せに対し調査・回答をしたり、医薬品情報誌の発行などを通じて最新の情報を各部署に伝えたりしています。外来初診時や入院時などに患者さんが持ち込まれた薬が何であるか、当院では何に該当するのかの調査依頼(薬剤鑑別)への回答も大きな割合を占める業務となっています。
薬剤管理指導
入院患者さんに対して、薬剤師がベッドサイドに出向いて服薬指導を行うなどして、個々の患者さんに対しての投薬全般の薬学的管理(重複投薬・副作用・相互作用・投与禁忌などのチェック、薬物血中濃度のデータ解析)を行い、より良質な薬物療法の提供を目指しています。
治験薬管理(治験事務局)

治療に不可欠な薬が世に出る前には必ず治験というステップを踏んでおり、当院での治験実施の可否については治験審査委員会により審議されています。その事務手続き、患者さんへの同意取得前説明、治験薬の保管管理、調剤・服薬指導を実施しています。

標準業務手順書   IRB前回議事録   様式集(ZIP)

品質環境統合マネジメントシステム(ISO9001)への取り組み
当院では、ISO9001に取り組んでおります。薬剤部においても病院の品質環境統合方針に則り、医療サービスの品質向上、地球環境保全活動に取り組んでいます。医薬品の破損防止、 劇毒物の管理徹底については、ISOのマネジメントシステムに従って実施しています。

お薬について

1.お願い
  1. 服用量・服用回数・服用時間は指示を守ってください。
    お薬の作用が最も効果的に表れる服用方法は薬によって異なります。
    ・食 前 …食事をする約30分前
    ・食直前 …食事をするすぐ前
    ・食 後 …食事をした約30分後
    ・食直後 …食事をしたすぐ後
    ・食 間 …食事をした約2時間後(“食事をしている間”ではありません)
    ・寝る前 …寝る直前か、約30~60分前
    ・頓 服 …痛みや発熱など、症状があった場合にのみ用いる
    その他、飲み方に特別な指示がある時には、その指示に従ってください。
  2. お薬は自分の判断で勝手に中止しないでください。
    症状が軽くなってくるとご自分の判断でお薬を中止しがちですが、担当医師に相談せずに服用を中止するのは避けてください。
  3. 古いお薬は飲まないようにしてください。
    同じような症状でも違う病気であることもあります。また、調剤後に長い期間が経過したお薬は、副作用や事故の原因となる恐れがあります。
  4. お薬のやりとりはしないでください。
    病院で処方されるお薬は、個々の患者さんの症状に対して処方されたものです。症状が似ていても他人への譲渡は絶対にされないよう、お願いいたします。
  5. お薬の保存(保管)方法に注意してください。
    湿気・高温・光を避けて保存してください。特に夏期は、小箱や缶にいれて冷暗所に保存するようにしてください。坐薬など[冷所保存]の指示があるものは、必ず冷蔵庫に保存してください。
    また、誤飲・誤用事故を起こさないためにも、お子さまの手の届かない安全な場所に保管してください。
2.おくすりアラカルトのご紹介
また、院内広報誌「刈谷豊田総合病院 びょういん便り」にてコラム「おくすりアラカルト」を掲載しております。
3.お問い合わせ先
当院で処方されたお薬について、疑問や不安を感じた場合やその他お薬に関する質問がありましたら、遠慮なくお問い合せください。 なお、当院で処方されたお薬についてのお問い合せでは処方内容を確認いたしますので、次の点についてお知らせください。
・お名前、診察カードNo.(登録No.)
・診察日、診療科

診療技術部紹介一覧に戻る

中央診療部紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談