医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

泌尿器科

診療責任者

田中 國晃
  • 部長

近藤 厚哉
  • 管理部長

患者の皆さまへの一言

当科は泌尿器科領域の中の幅広い範囲の治療を行っており、新しい技術も積極的に導入しております。また男女を問わず、小児や若い方からご高齢の方までスタッフが優しく対応させていただいています。泌尿器科領域でお悩みのある方はご相談ください。

代表的な対応疾患

  • 尿路結石
  • 前立腺肥大症
  • 悪性腫瘍(前立腺がん・腎がん・膀胱がん・腎盂尿管腫瘍・精巣腫瘍)
  • 尿失禁
  • 尿路感染症
  • 小児泌尿器疾患
  • 副腎腫瘍
  • 骨盤臓器脱
  • 泌尿器外傷

診療内容

泌尿器科疾患全般を幅広く診療しております。

尿路結石
小さな結石は自排石可能なため、内服薬治療など内科的治療を行います。自排石できない結石に対しては、外科的治療法として体外衝撃波治療や内視鏡手術を行います。体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は体に傷をつけずに結石を砕くことができます。
ESWLで破砕困難な場合、内視鏡手術として経皮的腎砕石術(PNL)や経尿道的尿管砕石術(TUL)を施行します。その際はホルミウムレーザー装置や空圧式結石破砕装置を用いて結石を破砕します。 細径軟性尿管鏡による経尿道的腎砕石術(f.TUL)も行っています。
前立腺肥大症
まず内服薬治療を行い、治療効果が得られない場合には、お腹を切らずに尿道から内視鏡を挿入して前立腺を内側から切除する手術(TURP:経尿道的前立腺切除術)やホルミウムレーザーによる前立腺核出術(HoLEP)を行います。
HoLEPは低侵襲治療であり、入院期間が5~6日と短くなります。 大きな前立腺肥大症にはHoLEPを行い、小さめの前立腺肥大症にはTURPを行います。当院ではHoLEPを行う症例が多くなっています。初診時には必ず腫瘍マーカーを採血して、前立腺がんのチェックを行います。
悪性腫瘍

1.前立腺がん
前立腺検診(PSA採血)の普及により、患者さんが急増しています。75歳以下、早期の前立腺がんの場合は、前立腺全摘除術をおすすめしています。平成25年4月よりロボット支援前立腺全摘除術を開始しました。この手術では膀胱尿道吻合を確実に行うことができバルンカテーテルの留置期間が短くなることで、入院期間も短縮できます。また前立腺がんの状態によっては、勃起神経の温存も従来よりも確実に行うことができ、出血も少なくすみます。ロボット支援前立腺全摘除術は傷が小さく早期の社会復帰が可能な有用な手術といえます。
他にも年齢や病期に合わせて、ホルモン療法や放射線治療(外照射)なども選択することができます。

2.腎がん
検診のエコーで偶然発見されることが多くなってきました。がんが3~4cm以上の場合、傷の小さい腹腔鏡下手術で腎臓を摘除することが可能です。泌尿器腹腔鏡手術の技術認定医も在籍しています。がんが3~4cm以下の場合は、腎部分切除術を行っています。腎部分切除術も開腹だけでなく腹腔鏡手術でも行うことができます。
腎がんは①腹腔鏡下腎摘除術 ②開腹の腎摘除術 ③腹腔鏡による腎部分切除術 ④開腹の腎部分切除術などの手術法があり、腫瘍の状態により患者さんと相談しながら治療方法を選択します。一方、進行がんには分子標的薬による内科的治療を行います。

3.膀胱がん
表在性であれば内視鏡手術で治ります。表在性腫瘍の再発予防には抗がん剤やBCGの膀胱内注入療法を行っています。根の深い浸潤性がんであれば標準的には膀胱全摘除術を行い尿路変更として回腸導管(ストマ)を作成します。 症例によっては、たとえ手術で膀胱を摘出したとしても小腸で代用膀胱を作成し、尿道から尿が出るようにする手術を行ったり、手術をせずに膀胱動脈へ抗がん剤を注入し膀胱温存を図ったりします。

4.腎盂尿管腫瘍
後腹膜アプローチによる腹腔鏡下手術で腎臓を遊離し、下腹部小切開により尿管下端まで剥離し、下腹部の切開創から腎尿管を摘除しています。従来の開腹手術より格段に傷が小さく術後の痛みが軽くすみます。

5.精巣腫瘍
抗がん剤の有効な腫瘍であり、転移のある腫瘍でも治る確率が高くなってきています。

骨盤臓器脱
新しいメッシュ手術(TVM手術)も導入しました。女性の膀胱脱などの骨盤臓器脱に対し良好な治療成績を得ています。

診療方針

患者さんとともに検討し、ご理解いただいた上で治療を進めていきます。また、患者さんのQOL(生活の質)を向上させられるよう最善の治療の選択を心がけ、最新の治療を取り入れるよう努めております。

診療実績

疾患別の治療・手術・検査実績(件)

    平成25年度 平成26年度 平成27年度
腎尿路結石 ESWL 208 212 180
TUL 47 85 59
PNL 7 10 11
前立腺肥大症 HoLEP 22 19 27
TURP 7 12 9
前立腺がん 前立腺生検 215 197 215
前立腺全摘除術 67 70 79
膀胱腫瘍 TURBt 99 132 113
膀胱全摘除術 6 7 7
腎摘除術 33 38 34
腎部分切除術 17 9 10
骨盤臓器脱 TVM手術 31 39 TVM 17, LSC 9
腹腔鏡手術 45 45 49
ロボット手術 51 69 79

医師紹介

氏名 役職 出身大学 医師免許取得年 主な専門領域 指導医・専門医・認定医など
田中 國晃 部長 名古屋大学 昭和57年 泌尿器科全般、腹腔鏡手術、ロボット手術
  • 日本泌尿器科学会
    指導医、専門医
  • 日本泌尿器内視鏡学会
    泌尿器腹腔鏡技術 認定医、代議員
  • 日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会
    ロボット支援手術プロクター(指導医)
近藤 厚哉 管理部長 岐阜大学 平成6年 泌尿器科全般、骨盤臓器脱、腹腔鏡手術
  • 日本泌尿器科学会
    指導医、専門医
  • 日本泌尿器内視鏡学会
    泌尿器腹腔鏡技術 認定医、代議員
犬塚 善博 医長 高知医科大学 平成8年 泌尿器科全般、尿路結石、腹腔鏡手術
  • 日本泌尿器科学会
    指導医、専門医
  • 日本泌尿器内視鏡学会
    泌尿器腹腔鏡技術 認定医
前田 基博 医員 三重大学 平成20年 泌尿器科全般
  • 日本泌尿器科学会
    専門医
  • 日本がん治療認定医機構
    がん治療認定医
大脇 貴之 医員 名古屋大学 平成26年 泌尿器科全般
日比野貴文 医員 三重大学 平成27年 泌尿器科全般
弓場 拓真 医員 大分大学 平成27年 泌尿器科全般

診療科一覧に戻る

診療科紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 在宅療養についての心配・地域医療連携についての相談
医療費についての質問や支払い相談