医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

退院支援

かかりつけ医、療養型診療所、回復期リハビリテーション病院、介護施設等と連携し、救急性・急性期の緊急性の高い医療の提供

当院は、地域の診療所(かかりつけ医)、療養病棟(病床)・回復期リハビリテーション病院(病床)、介護施設などと連携して、それぞれの機能に応じた役割分担を行っています。
この中で当院は、救急・急性期の緊急性の高い医療の提供を担っているため、治療が終わり病状が落ち着くと退院・転院していただくことになります。
ご自宅への退院が望ましいのですが、病状によっては病院や施設への転院が必要となることがあります。この場合は、療養やリハビリなど治療目的に合った場所を適切に選択することが重要です。

退院支援の取り組み

退院について考えてみましょう

  • 住み慣れた家に帰れるか?
  • 昼間は一人になるが大丈夫か?
  • 医療処置があるようだけど一人でできるか?

当院では、入院早期から退院後の生活を視野に入れた退院支援を行っています。
入院初期に退院のお話をすると、「えっ?入院してすぐに退院の話ですか?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
入院すると必ず退院する日がやってきます。退院の話が出てから退院について考えるのではなく、入院時から退院について考え、ご家族の方とも退院後の過ごし方などについて話し合うことが大切です。
「住み慣れた家に帰れるか?」「昼間は一人になるが大丈夫か?」「医療処置があるようだけど一人でできるか?」など、自宅への退院にはたくさんの心配ごとがあると思います。在宅での生活を支える社会資源を活用しながら、住み慣れた地域で生活できるように一緒に考えていきましょう。
また、退院先は、ご自宅以外にも、他院や施設もあります。退院先の情報をもとに、患者・家族の皆さまの意向を確認しながら、退院へのお手伝いを行っていきます。

ページの先頭に戻る

当院の退院支援について

医師から病状や治療、入院期間などについて説明があります。
入院時に、医師から病状やこれからの具体的な治療、入院期間などについて説明があります。
退院のことを含めて、分からないことがあれば医師や病棟看護師に遠慮なくお尋ねください。
病棟看護師が、患者さんの状況などについて伺います。
病棟看護師が、患者さんの入院前の生活全般や、病気・ご家族・住居など、退院後の生活について伺います。
入院3日以内に、退院を難しくする要因を確認し、必要に応じて支援をします。
病棟看護師と退院のお手伝いをする退院調整看護師や医療ソーシャルワーカーが、患者さんの退院に向けて問題がないかを話し合います。
ご高齢の方、病気などで運動機能の低下が予想される方、自宅退院の難しい方など、退院に向けての支援が必要かどうかを確認し、お手伝いが必要な場合は、計画を立てて支援を開始します。
退院先の選定・調整をします。
退院先は、自宅・他院・施設などがあります。当院は、地域のかかりつけ医や療養病床・回復期リハビリテーション病棟・介護施設などと緊密に連携しています。
患者・家族の皆さまの思いを確認しながら、できる限りご希望に沿った退院へのお手伝いができるように努めています。
専門職による医療チームで退院を支援します。
退院については、身近にいる病棟看護師や退院調整を行う看護師・医療ソーシャルワーカーがお手伝いをします。不安や要望などがありましたら、まずは病棟看護師にご相談ください。
退院を支援する医療チームには、医師・病棟看護師・外来看護師・医療ソーシャルワーカー以外にも薬剤師・管理栄養士・リハビリテーション科スタッフ・地域での療養を支える訪問看護師・ケアマネジャーなど多くの専門職がいます。
患者さんが不安なく退院できるように、チーム一丸となって退院支援の体制を整えています。
私たち医療チームは、病院から地域へ、医療も介護も途切れることなくつなぎ、住み慣れた地域で患者さんが安心して暮らせるように日々努めてまいります。ご理解とご協力をお願いいたします。

ページの先頭に戻る

地域連携パス

当院は、地域の診療所(かかりつけ医)と連携して、それぞれの機能に応じた役割分担を行っています。この中で、当院は救急・急性期の緊急性の高い医療の提供を担当しています。
地域連携パスとは、当院で治療を受けた患者さんについて、かかりつけ医と当院の双方が連携し、治療計画に沿って継続的に診療を行うための仕組みです。
現在、地域連携パスは、大腿骨頸部骨折、脳卒中、がん(肺がん、乳がん、肝がん、胃がん、大腸がん)、糖尿病、狭心症・心筋梗塞パスを運用しています。
地域連携パスには、「一方向性連携パス」と「循環型連携パス」の2種類があります。

一方向性連携パス

脳卒中などの急性疾患に罹患したとき、まず急性期病院に入院し、その後回復期リハビリテーション病院への転院が必要となった場合、医師・看護師・リハビリテーション科スタッフなど多職種の情報や診療計画を転院先にスムーズに引き継ぎます。
当院では、大腿骨頸部骨折地域連携パスと脳卒中地域連携パスを運用しています。

循環型連携パス

糖尿病など、長期にわたり診療していくことが必要な疾患について、普段の診療はかかりつけ医が行い、必要に応じて当院を受診していただき、かかりつけ医の支援をします。
当院では、糖尿病地域連携パスと狭心症・心筋梗塞パス、がん地域連携パスを運用しています。

医療~介護の連携

当院は、急性期の治療を行う病院です。当院での治療が終了した時点で退院していただくことになります。
退院先には、自宅・病院・施設などがあります。住み慣れた地域で生活していただくことを目指し、支援させています。
また、医療から介護へのつながりを大切にし、ケアマネジャーや介護・福祉サービス事業者などとも連携をはかっています。
入院前に、介護保険サービスを利用されていた場合は、病棟看護師にお知らせいただくようお願いいたします。

地域連携一覧に戻る

地域連携

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 在宅療養についての心配・地域医療連携についての相談
医療費についての質問や支払い相談