医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

看護部の教育について

看護部では、看護師一人一人が思い描く看護を実現できる職場でありたいと考えます。
そのために、多彩な進路、充実した教育体制を整え、あなたの夢をサポートします。

新人から管理職にいたる全てのステージにおける看護教育体制「NET system」

看護部の教育理念・目的・目標

教育理念

刈谷豊田総合病院および看護部の理念に基づき、患者および家族の方に信頼され、満足されるような看護サービスの提供ができる看護職員の育成を目指す。そのために、組織の教育ニーズを明確にし、個人が成長していくための支援ができる教育環境を提供する。

教育目的

専門職業人としての認識を高め、看護部の理念に基づいて患者中心の看護が主体的かつ継続的に実践できるよう教育的支援を行う。

教育目標

  1. 患者さんの個別のニーズに対応した看護サービスが提供できる能力を育成する。
  2. 病院機能の拡大に応じて要求される看護職の役割を果たすことができる。
  3. 研究的視点・姿勢で自己啓発に取り組むことができる。
  4. 社会人としての自覚を持ち、責任ある行動ができる。

クリニカルラダーシステム

※ 各レベルで到達目標を設定し、看護実践能力の向上を目指します。

到達目標 研修
レベル Ⅰ 専門職業人として自覚を持つことができる。
根拠を明確にし、指導を受けながら日常の看護を実践できる。
新採用者研修、栄養科研修、リフレッシュ研修、
看護倫理研修、感染管理研修、看護観Ⅰ
医療安全研修、フィジカルアセスメント研修、
夜勤体制研修、看護記録研修Ⅰ、マネジメント研修Ⅰ
レベル Ⅱ 自己の看護に価値を見いだし、自己の看護観を表現できる。
チームの一員として受け持ち患者の看護を自ら考え
自立して実践できる。
感染管理の応用、看護倫理研修、プリセプタ-研修、
看護観Ⅱ、リーダーシップ研修、看護研究基礎研修
フィジカルアセスメント研修
レベル Ⅲ 自己の看護観に沿って看護ができる。
看護実践を行いながら不測の事態が起きたときに、
優先順位を判断し行動できる。
看護チームの中でリーダーシップが発揮できる。
退院支援研修、実習指導者研修、看護研究実践研修、
マネジメント研修Ⅱ、ケーススタディ研修、
指導技術研修、看護記録研修Ⅱ
レベル Ⅳ 自覚を持って看護専門職としての役割モデルに
則った行動ができる。
看護の課題を見いだし探求できる。
教育観を持ち、後輩の育成ができる。
マネジメント研修Ⅲ、指導技術研修
レベル Ⅴ 卓越した看護実践を行うとともに、看護の質向上に向け
広範囲な役割遂行ができる。
特定分野において部署を超えてリーダーシップが発揮できる。
スペシャリスト研修
研修
スペシャリスト研修 摂食・嚥下障害患者の看護基礎編、がん看護、リハビリテーション看護、
はじめようフットケア、あなたの知らない糖尿病看護のイロハ
その他 看護研究実践研修、看護研究基礎研修、文献検索、退院支援研修、
看護に活かす症状別フィジカルアセスメント

新人看護師教育

※ 新人看護師の皆さんを、スタッフ全員でサポートしながら 成長を支援します。
※ 新人看護師の皆さんはラダーレベルⅠの取得をめざします。

新人看護師の一年

プリセプター制度を導入しています。
各部署の教育担当者・新人教育担当者が中心となって部署教育を進めていきます。

集合教育 部署教育
4月~5月 入職時オリエンテーション
 ・就業規則について
 ・採用時健康診断
 ・看護部  豊田会の理念・方針について
       看護部の活動について
       看護部の教育体制について
       電子カルテの取り扱いについて  など
 ・院内感染制御について
 ・医療事故防止について
 ・個人情報管理について
 ・社会人基礎力について
 ・看護倫理について
 ・看護必要度について
 ・目標管理について
 ・血糖測定・インスリン注射について
・各オリエンテーション
・基本看護技術の見学・実践(ペア体制)
・シミュレーターを用いたトレーニング
(静脈注射・経管栄養・フィジカルアセスメント人体モデル)
・コミュニケーション夜勤
6月 ・失敗体験研修
・褥瘡ケアの基礎知識
・栄養科研修
・リフレッシュ研修①
・茶話会
・看護技術の実践(ペア体制)
・受け持ち患者の看護実践
7月~9月 ・フィジカルアセスメント研修(バイタルサイン)
・リフレッシュ研修②
・茶話会
・感染管理の基礎
・手術室研修
・救急外来研修
・受け持ち患者の看護過程の展開
・チームメンバーの役割の理解
・職場での人間関係の構築
・自己学習
・夜勤の実施
10月~12月 ・看護倫理研修
・感染管理研修
・手術室研修
・病棟研修
・救急外来研修
・救命救急センター
・チームの一員としての看護実践
・急変時の対応の学習
1月~3月 ・看護観
・リフレッシュ研修③
・茶話会
・新人主体での勉強会の開催
・自己分析

中途採用者教育

中途採用の方にも、当院に早くなじんでいただき、これまでの経験を当院で発揮していただけるよう支援します。

集合教育 部署教育
入職時オリエンテーション 就業規則について
採用時健康診断
看護部  豊田会の理念・方針について
     看護部の活動について
     看護部の教育体制について
     電子カルテの取り扱いについて  など
院内感染制御について
医療事故防止について
個人情報保護について
配属部署オリエンテーション
および教育
配属となった部署の計画に沿ってオリエンテーションを行います。
※ 内容の相談をしながら進めていきます。
クリニカルラダーのレベルについては、これまでの臨床経験や受けられた教育・研修などをお聞きし、
相談して決めます。
※中途入職・既卒入職間の交流の場があります。

キャリアアップ

常に問題意識を持って改善しようという気持ちを持つことが、自ら考え、行動できる看護師への道を開きます。
当院では、幅広い視野を得る機会として、研究活動や学会参加を奨励、看護部主催の研究発表会以外にも、豊田会全体での研究発表会など、さまざまな活動が活発に行われています。

キャリアアップへの支援

  1. 一人前の看護師への育成は看護部の責務と考えています。
    そのため、 ラダーレベルⅡ取得までの研修は業務時間内で行っています。
  2. 看護師一人一人のキャリアアップのための学習支援制度があります。
自己研修制度
1年に10回まで、さまざまな研修や学会への参加費・交通費を支援する制度があります。自分の興味のある学会や研修でスキルアップを目指します。
専門・認定看護師教育課程受講などの長期研修への支援
受講料や学習に専念できる環境整備などの支援を受け、キャリアアップを目指します。

院内認定看護師制度

特定の専門分野の研修を受講し、その分野において、高度な知識と技術、アセスメント能力を持つ看護師を「院内認定看護師」として育成し、院内認定しています。「褥瘡ケア」「摂食・嚥下障害看護」の2分野があります。

看護研究への取り組み

より良い看護を実践するために、看護研究にも積極的に取り組んでいます。看護研究への支援として、大学より講師をお招きして、より実践に即した指導を行っています。

看護研究実践研修

1年目
文献検索の結果を踏まえ、研究計画書の作成までを実践するゼミ形式の研修です。自分の研究したいテーマを掘り下げて考え、講師にアドバイスをいただきながら進めていきます。
2年目
1年目で作成した研究計画書をもとに看護研究を実践し、院内・院外で発表することを目標に研修を進めていきます。研究論文の作成の際も講師に指導を受けられます。

取り組んだ看護研究は、毎年30演題以上が院内研究発表会や全国の学会・研究会などで発表しています。

平成28年度看護研究発表会

さまざまな研究テーマで8題の看護研究が発表されました。
活発に意見交換を行い、院外講師による講評から学びを共有しました。

看護部一覧に戻る

看護部

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談