医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

内視鏡センター

患者の皆さまへ

「おもてなし」の心で患者サービスを向上いたします

内視鏡検査には、消化器内視鏡・気管支鏡検査があり、内視鏡検査室では主に消化管内視鏡検査・治療を行い、X線透視装置のあるTV室では、透視の必要な消化管・胆嚢・膵臓・気管支の内視鏡検査・治療を行っています。以前は、検査室・検査の前処置を行うエリアが院内に点在していましたが、センター化により、内視鏡検査を受ける患者さんの快適さは格段に向上しました。医師・スタッフの導線も短くなり、内視鏡診療の効率化をはかることが可能となりました。
患者さんに対し、検査前から検査後まで内視鏡センター専従スタッフが対応することで、より専門性を高めた医療を提供し、「おもてなし」の心で患者サービスの向上につなげていきたいと考えております。
何か疑問点があれば遠慮なく医師・スタッフにご相談ください。

内視鏡センターのご紹介

東海3県随一の広さと最新の器機で皆さまをお迎えします
内視鏡センターは東海3県随一の広さの733㎡で、受付・待合室・リカバリー・トイレ・更衣室・面談室をセンター内に配置し、皆さまに快適にご利用いただける環境を整えています。また、最新の画像・機能を有する内視鏡器機をそろえ、 がんの診断・治療のみならず、緊急内視鏡診療を24時間体制で行っています。
内視鏡検査室4室とX線透視ができるTV室3室、合計7室の検査室を整え、センター内で全ての内視鏡診療が可能です。テレビ室のうち1室は陰圧室で、空気感染対策が必要な気管支鏡・胸腔鏡検査(結核検査など)に効果を発揮します。
なお、平成28年度の検査件数は13,538件(消化器内視鏡13,150件、気管支鏡・胸腔鏡388件)と年々増加しており、県内屈指の内視鏡検査件数を誇っています。詳しくは消化器内科、 呼吸器・アレルギー内科のページをご参照ください。
最新の治療
早期消化管がんの内視鏡的治療は、 新しい切除法(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)を平成17年より導入し、平成29年3月までに行った約800例に対して良好な成績を収めています。また、暗黒の大陸といわれてきた小腸疾患の診断・治療にも力を入れており、いち早くダブルバルーン内視鏡(小腸内視鏡)を導入し、負担の少ない小腸カプセル内視鏡も行っています。
安心の検査
使用した内視鏡は、日本消化器内視鏡ガイドラインに沿って、適切に内視鏡の洗浄、消毒を1本ずつ行っています。また、胃カメラ・大腸カメラの前には、オリエンテーションビデオを見ていただき、検査の概要をご理解いただいてから検査を行うようにしています。
最近の患者さんのニーズに応え、内視鏡検査をスムーズに受けられるように鎮静剤使用下の内視鏡も導入していますので、ご希望の方は遠慮なく担当医にお伝えください。

スタッフ構成・資格

消化器内科医 12名 臨床工学技士 3名
呼吸器・アレルギー内科医 8名 看護助手 1名
看護師 17名

日本消化器内視鏡認定技師免許取得者7人

中央診療部紹介一覧に戻る

中央診療部紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 在宅療養についての心配・地域医療連携についての相談
医療費についての質問や支払い相談