医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

県指定がん診療拠点病院としての責任を果たす

今なお日本人の死亡原因の上位を占める「がん」。当院はがん診療拠点病院としての使命を果たすため、最先端のがん治療技術の導入に努めてまいりました。近年注目されている「緩和ケア」についても、がん患者さんやご家族の心身の負担を多角的な視点から軽減する重要な医療業務として病院を挙げて取り組んでおります。将来的には、当院が中核となり、がんに関わる全ての治療プロセスを地域内で完結できる手厚い医療連携体制の構築を目指しております。

県指定のがん診療拠点病院として
がん治療の最先端を目指す

がん総合支援センターの構成 [医師(内科、麻酔科、精神科) がん看護専門看護師 がん薬物療法認定薬剤師 医療ソーシャルワーカー 認定看護管理者]

化学療法の積極的な導入で患者さんの負担を軽減

当院はがん診療を最重要テーマとして捉え、平成20年にがん診療支援室を開設、緩和ケアチームが回診を始めるなど、がん診療に積極的に取り組んでまいりました。こうした実績から平成22年、愛知県知事より、がん診療拠点病院の指定を受け、地域のがん診療の中核を担うこととなりました。
がん治療の中心は、手術療法、放射線療法、化学療法の三つに大きく分けられます。手術療法は身体に負担が少なく回復も早い内視鏡治療に移行しつつあり、当院も先端技術の積極的な導入を図っております。臨床試験にも積極的に参加することで、先端医療にも貢献しています。放射線療法についても専門医が常駐し、柔軟に対応する環境を整えています。
化学療法では抗がん剤の開発が進み、副作用の軽い抗がん剤の普及や支持療法の技術が進み、外来で継続的に化学療法を受けることも可能となってきました。当院でも外来における化学療法の積極的な導入で患者さんの負担を軽減し、化学療法が格段に受けやすくなり、がん治療の選択肢が広がりました。

がんをめぐる多様な問題に
緩和ケアがますます重要に

(主治医 (病棟 外来 外来化学療法室 (がん総合支援センター 緩和ケアチーム) 地域連携室 医療福祉相談室 薬剤科 事務部門 リハビリテーション科 栄養サポートチーム 栄養科 放射線科))
がん総合診療センターと他部門との連携

複合医療において着実に成果を

高齢化により、がん単体だけではなく脳疾患の後遺症や生活習慣病などとの複合医療が必要となる事例も増え、がん診療においても多職種の連携が必須となってきました。総合病院としてチーム医療を推進してきた当院は、そのような複合医療においても着実に成果を上げています。
近年、がんに対して身体面だけでなく精神面も含めたトータルペイン(全人的痛み)として捉えることが定着し、緩和ケアが重視されています。がんの痛みなどの身体症状あるいは不安などの精神症状は、終末期だけではなく、より早い病期においても起こりうるものです。当院では緩和ケアチームを組織して、患者さんの病期や入院外来に関係なく、疼痛緩和の薬物療法をはじめとした緩和ケアに積極的に取り組んでおります。緩和ケアチームは多くの職種により形成されており、患者さんの抱える問題に応じてその専門性を生かして連携を図りながら解決に当たっています。

がん相談窓口の設置

がん相談窓口の設置

がん総合診療センターでは諸処の問題解決に向けた情報提供を重視し、患者さんやご家族、さらに当院・地域の医療従事者に対するがん診療、緩和ケアの教育指導に努め、がん診療の環境向上を図っております。その一つが、がん相談窓口の設置です。
がん相談窓口では、悩み・不安・苦痛などによる患者・家族の皆さまのストレス軽減、各種手当の情報提供による治療費への不安解消、退院支援、セカンドオピニオンの情報提供、療養生活の質的向上、がんに関する正確な情報提供など、医療ソーシャルワーカーや専門・認定看護師、社会福祉士が連携して対応しております。
平成23年には、患者・家族の皆さまがより気軽に相談できるよう、がん相談窓口専用電話を設置しました。その結果、「不安が解消した」「前向きになれた」などの声が寄せられており、微力ながら皆さまに寄り添えるよう努めております。

がん治療体験者のボランティアと連携

情報提供に留まらず、インフォームドコンセントの際に専門認定看護師が同席するなど、診療支援にも取り組んでおります。さらに、がん治療体験者のボランティアと連携して院内相談会を開くなど、心の悩み、生活不安などを含めたトータルペインに対しての幅広いケアに対応、患者・ご家族の皆さまが安心して治療に専念できるようサポートしております。

地域医療連携を発揮し、
医療を地域で完結

地域が一体となってがん診療に取り組む環境づくり

地域が一体となってがん診療に取り組む環境づくり

当院が目指しているのは、がん診療に関わる全てを地域内で完結できる診療体制です。そのため、がんに携わる医師を対象とした「緩和ケア研修会」(研修会修了者はこちら)を開催し、がん診療における地域連携パスの作成・運用に取り組み、また内科外来や健診センターと共同し禁煙外来を平成22年12月に開設しました。一次・二次健診、がん治療、自宅療養、再発対応やターミナルケアも含め、がん診療に関わる医療サービスの全てを地域内でまかなうことを目標としています。
当院の取り組みに加え、地域の医療従事者、住民へのがん診療に関する教育活動などを通して、地域が一体となってがん診療に取り組む環境づくりに努めております。
平成26年10月、新2棟に「緩和ケア病棟」を1フロア開設し、さらに平成28年10月には通院により薬物療法が受けられる化学療法センターを開設しました。

  • 救急医療 災害医療
  • 最先端医療
  • がん診療
  • チーム医療
  • 地域医療連携
  • 医療安全
  • 教育システム
  • IT化の推進
  • 健診センター

病院紹介一覧に戻る

information病院紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談