医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

呼吸器外科

診療責任者

山田  健
  • 呼吸器外科部長

患者の皆さまへの一言

高齢化に伴い、呼吸器外科疾患の患者さんは増加しています。特に肺がんは70歳代をピークに増加の一途をたどっています。肺がんも早期に発見されるようになり、手術適応患者さんも増えています。当科ではより低侵襲な治療を目指し、胸腔鏡下手術を中心に行っています。入院期間も1週間程度で済みます。また進行した病態でも呼吸器・アレルギー内科と連携をはかり、抗がん剤治療を加えた手術療法で予後向上を目指しています。今後も最高水準の医療を提供できるよう研鑽を積んでまいります。

代表的な対応疾患

悪性疾患
肺がん(原発性、転移性)・縦隔腫瘍(胸腺腫、胸腺がん、胚細胞性腫瘍)・胸壁腫瘍(転移性など)
びまん性悪性胸膜中皮腫
嚢胞性疾患
自然気胸・巨大肺のう胞症
炎症性疾患
膿胸・結核・非結核性抗酸菌症・肺真菌症
良性疾患
縦隔腫瘍(神経原性腫瘍、のう胞性腫瘍)・胸壁腫瘍(神経原性腫瘍など)・肺過誤腫など
その他の疾患
重症筋無力症・手掌多汗症・胸部外傷

診療内容

肺がん
肺がんを疑う症例には積極的にPET-CT検査を行い、腫瘍の質的診断ならびに縦隔リンパ節転移の診断を行っています。 肺がんを含む肺切除術に胸腔鏡下手術を導入しており、約95%の肺がん患者さんに胸腔鏡下手術を施行しています。1.5~3cmの皮膚切開を3カ所に置き、モニター視のみで行う完全胸腔鏡下手術で行います。
完全胸腔鏡下手術

1.5cm・2cm・2.5~3.5cmの皮膚切開を3カ所に置き、モニター視のみで行います。
完全胸腔鏡下手術は術後の疼痛が軽微で、術後3~6日程度で退院となります。テレビモニタ-を見ながらの手術ですが、リンパ節郭清も通常の開胸手術と同じように施行できます。術者のストレスは大きいですが、患者さんが得られる恩恵は計り知れないものがあるため積極的に実施しています。
進行肺がんの患者さんには術後に抗がん剤を使用することで、予後向上を図っています。分子標的薬剤であるイレッサ、タルセバに関しても、どのような患者さんに効果があるのかが判明してきました。日本人・女性・腺がん患者さん・非喫煙者以外に特定の遺伝子変異が効果の発現に関与していることが分かっており、EGFR遺伝子変異を調べ、再発した場合の治療薬の選択の指標としています。

○ 平成28年3月に、ICG蛍光内視鏡システムを導入しました
低侵襲手術である胸腔鏡下肺区域切除(平成27年は肺がん切除127件中41件)で有用です。切除する区域の血管・気管支処理後、ICGを静注し残存区域が蛍光を発色することにより、確実に区域間を同定して切除することが可能です。

側胸壁に3カ所の傷が付きます。

自然気胸
20歳前後に発症するのう胞性疾患で、のう胞が破れて肺が縮みます。若い男性は、突然の胸痛で発症することが多いです。手術は再発した自然気胸、明らかなのう胞を有するもの、空気漏れが止まらない場合などです。1.5cm・2cm・2cmの3カ所の傷で胸腔鏡下手術を行います。入院期間は術後2日です。
縦隔腫瘍
縦隔腫瘍は良性と悪性があります。良性で多い疾患には神経原性腫瘍、のう胞性腫瘍(胸腺のう腫、心膜のう胞など)があり自然気胸と同様に胸腔鏡下手術を行います。
悪性で多い疾患には胸腺腫があります。小さいものでは胸腔鏡下に摘出しますが、大きいものは胸骨正中切開による摘出術となります。

診療方針

当科では、エビデンス(科学的根拠)に基づいた最新の治療を行うことを基本とし、患者・家族の皆さまに、手術・治療の目的、方法、予測される結果を充分に説明し、理解していただいてから治療を行っています。 また、インフォームドコンセント(十分な説明と同意)を心がけており、患者さん用クリティカルパス(気胸手術患者用パス、胸腔鏡補助下肺切除患者さん用パス)を用いてより多くの情報を提供することで、不安を少なくしていただけるようにしています。
モニター視のみで行う完全胸腔鏡下手術に力を入れており、傷をなるべく小さくして患者さんに優しい治療を提供しています。

診療実績

疾患別の治療・手術・検査実績(件)

  平成25年度 平成26年度 平成27年度
原発性肺がん 97 112 121
転移性肺がん 22 25 19
悪性胸腺腫 13 5 8
胸壁腫瘍(悪性) 3 1 0
びまん性悪性胸膜中皮腫 3 2 0
自然気胸 70 73 69
膿胸 6 13 3
結核、非結核性抗酸菌症 3 2 1
肺真菌症 5 6 1
良性縦隔腫瘍 6 9 6
良性胸壁腫瘍 1 6 1
肺良性腫瘍 4 6 0
重症筋無力症 1 0 0
縦隔鏡 3 0 3
硬性鏡 0 2 7
その他の手術 30 17 26

医師紹介

氏名 役職 出身大学 医師免許取得年 主な専門領域 指導医・専門医・認定医など
山田  健 部長 名古屋市立大学 昭和59年 呼吸器外科全般、胸腔鏡下手術、肺がん診療、
縦隔胸壁疾患、縦隔鏡、硬性鏡、がん緩和ケア
  • 日本外科学会
    指導医、専門医
  • 日本呼吸器外科学会
    指導医、専門医、評議員
  • 日本呼吸器内視鏡学会
    指導医、専門医、評議員
  • 日本肺癌学会
    評議員
  • 日本胸部外科学会
    認定医
  • 日本消化器外科学会
    認定医
  • 日本臨床腫瘍学会
    暫定指導医
遠藤 克彦 医長 名古屋市立大学 平成11年 呼吸器外科全般
  • 日本外科学会
    専門医
  • 呼吸器外科専門医合同委員会
    専門医
  • 日本がん治療認定医機構
    がん治療認定医
鈴木あゆみ 医員 名古屋市立大学 平成22年 呼吸器外科全般

診療科一覧に戻る

診療科紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 在宅療養についての心配・地域医療連携についての相談
医療費についての質問や支払い相談