医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

肝胆膵外科

診療責任者

山本  稔
  • 肝胆膵外科部長

患者の皆さまへの一言

良性疾患である、胆石症、総胆管結石、膵体尾部良性腫瘍には、患者さんに優しい腹腔鏡下手術を行っています。また日本肝胆膵外科学会の高度技能指導医のもと、難度の高い肝臓・胆道・膵臓のがんに対する手術を行っています。セカンドオピニオンにも対応しておりますのでご相談ください。

代表的な対応疾患

  • 肝臓がん(肝細胞がん、転移性肝がん)
  • 胆嚢がん、胆管がん
  • 膵がん
  • 十二指腸乳頭部がん
  • 肝内結石症、総胆管結石症、胆嚢結石症、胆嚢ポリープ
  • 総胆管拡張症、膵胆管合流異常症
  • 慢性膵炎
  • 脾疾患(門脈圧亢進症、血液疾患)

診療内容

肝臓、胆嚢・胆管、膵臓の疾患を対象としています。最も患者さんが多い疾患は胆石、胆嚢炎ですが、総胆管結石症も含めてほとんどの症例に腹腔鏡下胆摘術を第一選択にしています。また急性胆嚢炎に対してはガイドライン(適切な治療法を示した指針)に従い、腹腔鏡下手術を第一選択に治療しています。

肝切除術
肝臓がんによる死亡率は臓器別に見ると3位と高くなっています。肝切除術の主な対象は、原発性肝がん(主に肝細胞がん、肝管細胞がん)、転移性肝がん(主に大腸がんの転移)、胆嚢がん、肝門部胆管がんなどです。
肝細胞がんは慢性肝炎や肝硬変の患者さんに発生することが多いので、肝予備力と根治性を考慮した術式を原則としています。肝臓がんに対する肝部分切除に対しても腹腔鏡下手術を積極的に施行しています。
胆嚢がんや肝門部胆管がんなどで大きな肝切除が必要になる場合、術後肝不全の予防のため手術前から血管造影の技術を使って、残す予定の肝臓を肥大させるようにさせ、安全に手術を行っています。
膵切除術
膵臓がんによる死亡率は、臓器別に見ると5位となっており、膵がんの治療成績は満足できる結果が得られていないのが現状です。膵切除術の対象は膵がん、嚢胞性膵腫瘍、十二指腸乳頭がん、中下部胆管がん、膵内分泌腫瘍、難治性慢性膵炎、胃がん(膵浸潤)などです。膵頭部領域の悪性病変に対しては、原則、幽門輪を切除する亜全胃温存膵頭十二指腸切除術(膵臓頭部・十二指腸・胆嚢・総胆管を切除する手術)を施行しています。胃がほとんど残るので術後も術前と同じように食事をしていただけます。また、幽門輪を切除することにより、術後早期からの食事摂取が可能です。膵臓と小腸を吻合するので、合併症の起こりやすい手術ですが、色々な工夫をして良好な経過で退院していただいています。膵体尾部の良性の嚢胞性腫瘍に対する腹腔鏡下手術も保険適応となり、腹腔鏡下膵体尾部切除も積極的に施行しています。手術創も小さく術後の疼痛も少ないため、早期の日常生活復帰が可能です。
その他

膵胆管合流異常、肝嚢胞などに対して手術を行っています。この10年の肝臓疾患に対する手術症例の推移(図5)と膵臓疾患に対する手術症例の推移(図6)を示します。

 

診療方針

肝胆膵外科領域のがんの治療においては、胃がんや大腸がんなどの手術と異なり、手術の難易度が極めて高いため術後合併症の頻度が高く、重篤な合併症へと発展する可能性があります。当科では、術前に消化器内科、放射線科、麻酔科と連携して適切な術式を選択し、また合併症を最小限にすべく努力し、万が一合併症が発生した場合にも迅速に適切な対応を取ることを心がけています。良性疾患である胆嚢結石症、総胆管結石症、膵体尾部良性腫瘍などに対しては、腹腔鏡下手術により創痛軽減や早期退院を可能にしています。

診療実績

疾患別の治療・手術・検査実績(件)

  平成25年度 平成26年度 平成27年度
腹腔鏡下肝嚢胞開窓術 1 1 0
肝部分切除術 6 10 5
肝外側区域切除術 2 3 4
肝区域切除術 10 10 10
肝系統的亜区域切除術 5 9 7
腹腔鏡下肝部分切除術 - 1 1
腹腔鏡下胆嚢摘出術 203 202 198
開腹胆嚢摘出術 7 5 7
腹腔鏡下胆管切開切石術 3 7 4
開腹胆管切開切石術 2 3 3
胆道再建術 1 0 1
胆道バイパス術 1 1 0
総胆管拡張症手術 0 2 1
胆管悪性腫瘍手術 1 1 1
腹腔鏡下膵体尾部切除術(良性) 3 1 2
開腹膵体尾部切除術(良性) 1 2 0
膵嚢胞消化管吻合術 - 0 0
膵消化管吻合術 1 2 0
急性膵炎手術 - 0 0
膵頭十二指腸切除術 13 14 14
膵体尾部切除術(悪性) - 1 2
膵全摘術 1 1 1
腹腔鏡下脾摘術 0 0 0
開腹脾摘術 0 0 1

医師紹介

氏名 役職 出身大学 医師免許取得年 主な専門領域 指導医・専門医・認定医など
山本  稔 肝胆膵外科部長 名古屋市立大学 平成5年 消化器一般外科、
大腸肛門疾患、
内視鏡外科
  • 日本外科学会
    専門医、認定医
  • 日本消化器外科学会
    専門医
  • 日本消化器病学会
    専門医、認定医
  • 日本がん治療認定医機構
    がん治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会
    技術認定取得医
  • 日本感染症外科学会
    ICD認定医
  • 東海外科学会
    評議員
  • 愛知臨床外科学会
    評議員
田中 守嗣 副院長
外科統括部長
名古屋市立大学 昭和56年 消化器一般外科、
肝胆膵外科
  • 日本外科学会
    指導医、専門医、認定医
  • 日本消化器外科学会
    指導医、専門医、認定医
    消化器がん外科治療認定医
  • 日本肝胆膵外科学会
    評議員、高度技能指導医
  • 日本肝臓学会
    専門医
  • 日本外科感染症学会
    評議員
  • 日本がん治療認定医機構
    暫定教育医
小林 建司 消化器・一般外科部長 名古屋市立大学 昭和61年 消化器一般外科、
下部消化管外科
  • 日本外科学会
    指導医、専門医
  • 日本消化器外科学会
    指導医、専門医
  • 日本大腸肛門病学会
    指導医、専門医
  • 日本内視鏡外科学会
    技術認定医
宮井 博隆 消化器・一般外科管理部長 名古屋市立大学 平成12年 消化器一般外科
  • 日本外科学会
    専門医
  • 日本消化器外科学会
    指導医、専門医、消化器がん外科治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会
    技術認定医
  • 日本大腸肛門病学会
    専門医
  • 日本がん治療認定医機構
    がん治療認定医
清水 保延 小児外科顧問 名古屋市立大学 昭和58年 小児外科、
消化器一般外科
  • 日本外科学会
    指導医、専門医、認定医
  • 日本小児外科学会
    専門医、認定医、評議員
  • 日本消化器外科学会
    認定医
  • 東海小児外科学会
    評議員
髙嶋 伸宏 消化器・一般外科医長 名古屋市立大学 平成11年 消化器一般外科
  • 日本外科学会
    専門医、認定医
  • 日本消化器外科学会
    専門医、消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器病学会
    専門医
  • 日本がん治療認定医機構
    がん治療認定医
藤幡 士郎 消化器・一般外科医員 名古屋市立大学 平成20年 消化器一般外科
  • 日本外科学会
    専門医
野々山敬介 消化器・一般外科医員 名古屋市立大学 平成23年 消化器一般外科
原田真之資 消化器・一般外科医員 近畿大学 平成23年 消化器一般外科
犬飼 公一 消化器・一般外科医員 滋賀医科大学 平成25年 消化器一般外科
北山 陽介 消化器・一般外科医員 名古屋市立大学 平成26年 消化器一般外科
上原 崇平 消化器・一般外科医員 名古屋市立大学 平成27年 消化器一般外科
辻  恵理 消化器・一般外科医員 愛知医科大学 平成27年 消化器一般外科

診療科一覧に戻る

診療科紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 在宅療養についての心配・地域医療連携についての相談
医療費についての質問や支払い相談