医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

ロボット支援手術

「ダヴィンチ」ロボット支援手術とは

現在、腹部に病変が見つかり摘出等が必要になった場合の一般的な手術として、開腹手術があります。
開腹手術は、おなかを大きく切り開き、医師が自分の目で病気の部位を直接見ながら悪い部分を切り取ってその後つなぎ合わせる手術で、大きくおなかを切り開くことから手術後の痛みも強く、治るのにも時間がかかりました。
より低侵襲な手術として腹腔鏡下手術が開発されました。
この手術は、おなかを切開せずに、おなかの壁に小さな穴を数カ所あけ、炭酸ガスで腹部を広げ、挿入したカメラの画像をテレビモニター(平面画像)で観察しながら鉗子(先端に電気メスやハサミなどがついた特殊な手術器具)を用いて手術を行うものです。おなかを大きく切らないため、術後の回復が良好であるという利点があります。
しかし、テレビモニターを見ながらの手術のため遠近感が分かりにくく、また鉗子の操作に制限がありました。
さらに、手術手技の難易度は高く、より高度な技術が必要でした。
その弱点を補うために開発されたのがロボット支援手術です。
このロボット支援手術は日本国内で徐々に行われるようになっています。

「ダヴィンチSi」の魅力とは?

患者さんに優しい内視鏡下手術の特徴を生かし、さらに患者さん、医療従事者ともにより負担が少なく、より安全に手術を行うことのできる内視鏡下手術支援ロボット「ダヴィンチSi」を導入しました。低侵襲治療により、早期の社会復帰をサポートします。

鉗子の先に関節があり自由に動く

専用鉗子であるエンドリストは、従来の腹腔鏡手術の鉗子の自由度に加えて、体腔内における手首の動きを加えて7自由度を実現しています。そのため骨盤奥の狭い術野でも鉗子が自由に動きます。

鉗子の操作性の向上(直感的で柔軟な動き)

通常の腹腔鏡手術の場合、腹部の表面を起点にするため、人の手の動きと鉗子の動きが180度逆になります。ダヴィンチの場合、そのままの自然な手の動きで鉗子を操作できます。またモーションスケーリングといって、術者の手の動きは鉗子先に1/3に縮小して伝えられため細かな精密な操作が可能です。また手ぶれ補正装置も付いています。

高解像度3D画像

内視鏡に両目のレンズがあるため本当の意味の3D映像が表示されます。拡大視野で骨盤の奥まで観察することが可能で、組織の細かい構造まで明瞭に見ることができます。

デュアルコンソール

コンソール(操作機)が2台あり2人の術者で同時に手術を実施することが可能です。手術指導を改善することができ、複雑なさまざまな領域の手術への応用の可能性があります。

当院におけるロボット支援手術(保険診療)

当院で実施している保険診療でのロボット支援手術は以下のとおりです。

※製作中

病院紹介一覧に戻る

information病院紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談