医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

放射線技術科

患者の皆さまへ

安心と有益な医療画像の提供を通して医療に貢献します

放射線技術科では、放射線を使用したCT・血管撮影・一般撮影・放射線治療などの装置と、放射線を使用しないMRI・超音波などの装置を扱っております。放射線を使用した検査を受けられる患者の皆さまにはできる限り少ない被ばくで有益な検査を受けていただけるよう、最新技術を導入し、知識・技術の向上に励んでおります。
放射線検査において患者の皆さまと関わる時間は非常に短いですが、安心して検査を受けていただくために、検査について丁寧な説明を心がけ、被ばく相談窓口も設けています。
私たちは常に進歩する医療技術に対応し、患者の皆さまに安心と有益な医療画像の提供を通して医療に貢献します。

放射線技術科部長河野 泰久

スタッフ構成・資格

スタッフ構成

55名(平成28年4月1日現在)

所属スタッフの有する主な資格

検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師(日本乳がん検診精度管理中央機構) 11人
磁気共鳴専門技術者(日本磁気共鳴専門技術者認定機構) 4人
X線CT認定技師(日本X線CT専門技師認定機構) 4人
Ai認定技師(日本診療放射線技師会) 2人
超音波検査士(日本超音波医学会) 5人
国際認定超音波(腹部) 5人
放射線治療専門放射線技師(日本放射線治療専門放射線技師認定機構) 1人
医学物理士(医学物理士認定機構) 1人
放射線治療品質管理士(放射線治療品質管理機構) 2人
放射線機器管理士(日本診療放射線技師会) 15人
放射線管理士(日本診療放射線技師会) 13人
医用画像情報精度管理士(日本診療放射線技師会) 4人
医療情報技師(日本医療情報学会) 1人
臨床実習指導教員(日本診療放射線技師会) 6人
胃がん検診専門技師(日本消化器がん検診学会) 2人
PET認定技師(有限責任中間法人 日本核医学会) 2人
第一種放射線取扱主任者(文部科学大臣 原子力安全技術センター) 2人
(合格者11)
第二種放射線取扱主任者(文部科学大臣 原子力安全技術センター) 1人
救急撮影技師認定(日本救急撮影技師認定機構) 2人
上級救命技能認定(各自治体消防本部) 16人
普通Ⅰ救命技能認定(各自治体消防本部) 1人
アドバンスド放射線技師(日本診療放射線技師会) 18人
シニア放射線技師(日本診療放射線技師会) 11人
マスター放射線技師(日本診療放射線技師会) 1人
医療安全管理者認定(日本病院会) 1人
血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師(日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師認定機構) 1人
血管診療技師(4学会構成血管診療技師認定機構) 2人
ACLS or ICLSコースインストラクター(日本ACLS協会) 1人
マンモグラフィ検診施設画像認定施設(日本乳がん検診精度管理中央機構)
(本院・検診)

最新機器紹介

高機能SPECT-CT装置に更新

平成28年3月、ガンマカメラの機器更新に伴い、SPECT-CT装置「Discovery NM/CT 670 Q.Suite Pro(GE Healthcare)」を導入しました。
この装置は、ガンマカメラと診断用CTが一体となった”ハイブリッド”装置です。従来のアイソトープ検査に加え、CT検査を同一体位で撮影することができるため、SPECT画像の画質向上が期待されます。また同時に撮影されるCT検査は、最新の再構成技術を駆使し、通常よりも少ないX線にて撮影をしていますので、安心して検査を受けていただくことができます。

機能画像と形態画像の融合

今までのアイソトープ検査では、細胞の機能を画像化しているのでSPECT画像単体での解剖学的位置の把握が困難とされてきました。しかし、SPECT-CT装置ではアイソトープ検査・CT検査が同じ体位・同じ装置で行うことができるため、今までよりも高い精度でSPECT画像にCT画像を重ね合わせたFusion(融合)画像の作成が可能になりました。その結果、さまざまな検査で病変の位置や広がりの確認が容易にできるようになりました。

肺血流シンチグラフィ
肺血流シンチグラフィ

センチネルリンパ節シンチグラフィ
センチネルリンパ節シンチグラフィ

高精度放射線治療装置

当院に高精度放射線治療装置(Trilogy)が導入されました。
この装置は、腫瘍を三次元で立体的にとらえ、腫瘍細胞に対して集中的に放射線を照射する高精度放射線治療を行うことができます。正常組織への副作用を最小限にとどめながら効率的に腫瘍を攻撃するため、従来の放射線治療よりも副作用が少なく、安全な治療を可能とします。
新規導入した放射線治療装置には、位置合わせ専用装置OBI(On Board Imager)が搭載されており、日々の治療開始直前にX線画像(レントゲン写真)やCT画像(CBCT)が撮影できるようになりました。この画像を用いてIGRT(画像誘導放射線治療)と呼ばれる位置照合を行っています。IGRTは、照射直前の画像が治療計画の画像と一致しているかを確認して、必要に応じてミリ単位で身体の位置を微調整します。これにより腫瘍以外の正常組織に放射線が照射されることを最小限にし、より効果的な治療が可能となりました。



高磁場全身用 3T(テスラ)MRI 装置

平成26年10月、高磁場磁気共鳴画像(MRI)診断装置「MAGNETOM Skyra 3T(SIEMENS)」を2棟B1Fに導入いたしました。この装置は従来のMRIと比べ、全身領域においてより高画質な画像を提供することが可能となっています。

快適な検査環境
この装置は最大70cm幅の空間があり、従来と比べ、ベッドの幅が広いことが特徴です。そのため、体格の大きい方への負担が軽減されるのはもちろん、検査によっては横向きや膝立てなど仰向き以外での撮影も可能となります。また、装置の奥行きが173cmのショートデザインとなっており、圧迫感を感じにくい構造となっています。

画質(分解能)の向上
3TMRIは従来の1.5TMRIと比較し磁場の強さが2倍になるため、1.5TMRIでは細かくて描出困難であった体の構造が描出できるようになりました。脳血管では従来と同様に造影剤を使用せず、より細部の血管まで描出することが可能となりました。

息止めが苦手な方でも撮像が可能
従来、腹部のMRI検査では20秒以上の息止めが必要でした。しかし、この最新鋭のMRI装置では非常に短い息止め、または息止めなしで良質な画像が撮像でき、これまで困難であった方の撮影を可能としました。

医療被ばく低減施設認定取得

医療被ばく低減施設とは、“安心できる放射線診療”を国民の皆さまへ提供するための事業として公益社団法人日本放射線技師会より認定された施設です。
当院は、平成28年7月1日付けで医療被ばく低減施設に認定されました。

当院ではこの認定制度開始以前より被ばく低減を目的とした積極的な機器の導入および正確な線量把握と情報システムを駆使した綿密な線量管理に取り組み、放射線科医などと協力しながら必要な情報を最小限の線量で提供できるよう進めてまいりました。今後も、診療放射線技師の責務として放射線診療を皆さまに安心して受けていただけるようにさらなる線量低減に挑み、邁進してまいります。

評価方法
患者さまのための医療被ばく低減目標値を定めた「医療被ばくガイドライン」に基づき、自己評価と現状調査の「書面調査」実施後、一定の条件を満たした施設に対して、医療被ばく低減施設サーベーイヤーを派遣しての「訪問審査」を実施。このサーベイヤーの訪問審査結果報告と書面審査の分析結果を総合した評価により、合格基準を満たした施設が「医療被ばく低減施設」として認定されます。認定期間は5年間で更新制です。
>公益社団法人日本放射線技師会(外部リンク)
被ばく相談窓口
被ばく相談窓口を開設しました。
被ばくに対する不安や心配、放射線検査の内容に関する質問などがございましたら、
お気軽に3棟2階の放射線科受付にお声をおかけください。

【受付時間】 月~金曜日  8:30~16:45, 第1・3土曜日  8:30~14:00
【相談窓口】 放射線科受付(3棟2階)
TEL 0566-25-2982(直通)

診療技術部紹介一覧に戻る

中央診療部紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 退院支援
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 在宅療養についての心配・地域医療連携についての相談
医療費についての質問や支払い相談