医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

脳腫瘍に対する光線力学的療法

脳腫瘍に対する光線力学的療法とは?


光線力学的療法(PDT)とは、腫瘍組織や新生血管に集まる性質を持った光感受性物質(ひかりかんじゅせいぶっしつ)を患者さんに投与し、光感受性物質が集まった箇所にレーザー光を照射して、光感受性物質に光化学反応を引き起こして活性酸素を発生させ、がん細胞を変性・壊死させる治療法です。この治療法は世界に先駆けて日本で開発された治療法で2014年1月1日に保険収載されました。これにより、悪性脳腫瘍に対するPDTを保険適用の治療として行うことが可能になりました。

対象および方法は?

光線力学的療法(PDT)は、初発・再発を問わず、原発性であれば全ての悪性脳腫瘍が対象になります。開頭による脳腫瘍切除術と併用して行われます。まず、手術前の段階で患者に腫瘍組織や新生血管への集積性がある光感受性物質を投与します。そして、開頭して腫瘍を切除した後、腫瘍摘出腔にレーザー光を照射し、手術で取りきれなかった腫瘍細胞を死滅させます。(光線過敏症などの副作用対応として、治療後2週間程度は500ルクス以下の環境での生活を要します)

利点は?

PDTの大きなメリットは、悪性腫瘍を狙い撃ちにするため、正常な細胞を傷つけるリスクが少ないという点です。また、一般的な高出力のレーザー治療とは異なり、手をかざしてもほとんど熱さを感じない程度のレーザー光を用いるため、患者さんへの負担が少ないなどの特徴があります。

治療実績は?

全生存率(OS) 1年 2年 3年
PDT実施(13例) 100.0% 60.6% 34.6%
標準治療のみ 61.0% 10.7% -

(Jpn Neurosurg Vol.25 No.11 2016 p.895-904より)

PDT施行初発膠芽腫の最新の報告(東京女子医大)によると、悪性脳腫瘍における世界標準の1年生存率が61%であるのに対し、PDT治療の1年生存率は100%です。さらに生存期間を比較すると、世界標準が14.6カ月に対し、31.5カ月と2倍以上というめざましい成績が出ています。

当院の現状は?

PDTは現在東京女子医科大学病院、東京医科大学病院、京都大学病院などで盛んに行われている治療法ですが、2017年4月、東海地方では岐阜大学病院に次いで当院が2番目、愛知県では初導入となります。2017年8月現在で計6例施行しており経過も順調です。今後も積極的にPDTを取り入れ、患者さんへの負担を最小限に最大の治癒効果を上げていきたいと考えております。

入院期間・費用は?

入院期間および費用については症状により異なります。治療説明または入院説明時にお知らせします。

医療費が高額と予想される患者さんについて

費用は高額療養費の対象になります。

健康保険や国民健康保険加入者が、同じ月内に同じ医療機関に支払う医療費の自己負担額(食事の費用・自費分は除く)が高額になった場合は、限度額の認定証の交付を受け、入院事務担当者にご提示いただくと、病院窓口での自己負担額が限度額までの金額となります。(70歳未満の方が対象で、健康保険組合や国保窓口に事前に申請が必要です。)
詳しくは入院案内もしくは当院医事室へお問い合わせください。

病院紹介一覧に戻る

information病院紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談