糖尿病チーム
対 象
糖尿病の患者さん
チームの目的
糖尿病患者さんの日常的な療養生活のサポートを行い、生活習慣病などのケアを行う。
参加するメンバー
内分泌・代謝内科医、糖尿病看護認定看護師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士、理学療法士、日本糖尿病療養指導士
特 徴
医師による治療方針の計画、看護師による外来での自己注射指導・看護面談、薬剤師・糖尿病療養指導士による薬剤相談、臨床検査技師による血糖測定器の説明や機器の点検など自己管理のサポート、管理栄養士による栄養指導とその後の食事チェック、理学療法士による運動療法指導などを行い、多方面からアプローチしています。
透析予防診療チーム
対 象
比較的早期の糖尿病性腎症の患者さん
チームの目的
腎症患者さんの食事療法や日常生活の管理について指導を行い、腎機能の低下と透析導入を予防する。
参加するメンバー
内分泌・代謝内科医、腎・膠原病内科医、糖尿病看護認定看護師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、日本糖尿病療養指導士、透析技術認定士、事務
特 徴
糖尿病透析予防外来の初回受診で各種検査を実施し、腎臓を中心に全身の状態をチェックします。患者さんの腎臓の状態や生活状況に応じて、各職種の専門的な立場から個別に療養指導を行います。医師・薬剤師・管理栄養士からの説明の後、指導内容を元に患者さんの生活の中に腎機能を守るための療養行動をいかに組み込めるかを看護師と一緒に考えていきます。
摂食嚥下ケアチーム
対 象
ものが飲み込みにくい、食べるときむせてしまうなど、嚥下障害(えんげしょうがい)のある患者さん
チームの目的
嚥下障害による栄養不足や感染症を予防し、嚥下能力回復のサポートを行う。
参加するメンバー
リハビリテーション科医、呼吸器・アレルギー内科医、耳鼻咽喉科医、歯科口腔外科医、摂食・嚥下障害看護認定看護師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、事務
特 徴
栄養と運動、そして口腔ケア(歯や舌など口の中をきれいにすること)を組み合わせて患者さんに提供するシステムを、チームで検討しています。また、嚥下回診を行っています。
包括的呼吸リハビリテーション
対 象
肺の疾患により呼吸が困難となった患者さん
チームの目的
肺の疾患により呼吸が困難となった患者さんへのケアと呼吸リハビリを行う。
参加するメンバー
呼吸器・アレルギー内科医、看護師、臨床心理士、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー
特 徴
運動療法(手や足、呼吸に使う筋肉のトレーニング、呼吸練習)をはじめ、栄養療法(肺の悪い方はやせ型で栄養が不足していることが多い)、日常生活における息切れの自己管理訓練(息苦しさを減らす動き方の工夫、風邪をきっかけとした症状悪化の予防など)、お薬に関する勉強(吸入器をお使いの方は上手な吸入方法の習得も)、息苦しさからふさぎがちになる心のケア、医療社会福祉制度の利用や療養環境の整備など
呼吸ケアチーム
対 象
人工呼吸器を装着した患者さん
チームの目的
人工呼吸器管理中の患者さんに管理の標準化と、人工呼吸器からの早期離脱、合併症予防をはかり、質の高いケアを提供する。
参加するメンバー
救命救急センター医師、麻酔科医、集中ケア認定看護師、新生児集中ケア認定看護師、救急看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、感染管理認定看護師、臨床工学技士(呼吸療法認定士)、理学療法士
特 徴
週1回、病棟で人工呼吸器を使用している患者さんへの回診を行っています。適切な人工呼吸器管理がされているかチェックし、必要があればアドバイスをします。また、人工呼吸器の管理内容の検討や物品の標準化を進め、院内の人工呼吸器管理がより良いものになるよう月1回会議を開催したり、勉強会を計画し定期的に開催したりしています。
精神科リエゾンチーム
対 象
せん妄や抑うつを有する患者さん、精神疾患を有する患者さん、自殺企図で入院した患者さん
チームの目的
入院患者の精神状態を把握して必要な精神科医療を早期に提供することにより、精神症状のコントロールやQOLの向上をはかる。
参加するメンバー
精神科医、認知症看護認定看護師、看護師、臨床心理士
特 徴
精神症状の評価を行い、リエゾンカンファレンスを定期的に実施して、診療実施計画書や治療評価書を作成しています。現在、精神科リエゾンチームでの対応が望ましいと思われる患者さんに対して、週1回病棟回診を行っています。
慢性腎臓病(CKD)外来・教室
対 象
早期の慢性腎臓病患者さん
チームの目的
早期の慢性腎臓病患者さんに対して、食事・日常生活管理のサポートを行う。
参加するメンバー
腎・膠原病内科医、看護師、薬剤師、管理栄養士
特 徴
週1回の専門外来と、腎臓病について知識をより深めていただくため、月2回テーマごとに教室を開催しています。
ACLS(二次救命処置)ワーキンググループ
対 象
医療従事者
チームの目的
急に意識を失って倒れたり自分の呼吸が弱くなったりした人に対する、気管挿管や薬物投与による救急措置を、多様な医療従事者に対してトレーニングする。
参加するメンバー
救命救急センター医師、循環器科医、救急看護認定看護師、看護師、臨床工学技士、事務、各ワーキングスタッフ
特 徴
医師や看護師だけではなく、さまざまな医療従事者が積極的に参加する心肺蘇生法のトレーニングコースを定期的に開催しています。トレーニングコースは実技や実習を中心とした内容となっており、実際の場面に即したシミュレーショントレーニングを行っております。
褥瘡対策委員会
対 象
褥瘡のできやすい入院患者さん、褥瘡のある入院患者さん
チームの目的
院内における褥瘡の発生要因分析を行い、その分析結果を元に適切な環境づくりや院内教育を行い、予防・早期発見に努める。
参加するメンバー
皮膚科医、皮膚・排泄ケア認定看護師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、臨床工学技士、理学療法士、管理栄養士、事務
特 徴
褥瘡における情報を発信し、院内教育を行っています。また、褥瘡発生を減らすために、用品の整備といった入院患者さんの療養環境を整えています。週1回の回診では、褥瘡の評価、適切な体位やマットレスの選択、栄養法・薬剤などにおける褥瘡ケアについて検討し、早く治癒できるように関わっています。
ストーマ(人工肛門)ケア
対 象
人工肛門(ストーマ)を利用している方
チームの目的
退院後のケア、使い方のフォロー、トラブル相談などを行い、QOLの向上をはかる。
参加するメンバー
消化器・一般外科医、皮膚・排泄ケア認定看護師、看護師
特 徴
外来で、主に退院後のケアや使用している装具に問題はないのかなどをフォローし、また退院後の生活の中で困っていることの相談などを行っています。
フットケア外来(足病変予防)
対 象
当院に外来通院する糖尿病患者さん
チームの目的
糖尿病による足病変の発症と再発、進行予防に向けたサポートを行う。
参加するメンバー
糖尿病看護認定看護師、看護師、日本糖尿病療養指導士
特 徴
外来で、足の手入れについて指導し、生活の中での注意事項などの説明などを行っています。
栄養サポートチーム(NST)
対 象
経口による栄養摂取が困難になった患者さん
チームの目的
経口による栄養摂取が困難になった患者さんの栄養状態を良好に保つため、多角的な視点で栄養指導を行う。
参加するメンバー
呼吸器外科医、内分泌・代謝内科医、腎・膠原病内科医、小児科医、摂食・嚥下看護認定看護師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー
特 徴
栄養状態を良好に保ち、手術の後にも感染症や合併症を起こさず早期回復できるようサポートします。
緩和医療チーム
対 象
がん患者さん
チームの目的
がん患者さんや家族の心身の負担を軽減し、生活の質向上をサポートする。
参加するメンバー
がん相談支援センタースタッフ、精神科医、総合内科医、呼吸器外科医、麻酔科医、リハビリテーション科医、認定看護管理者認定看護師、緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師、がん性頭痛看護認定看護師、臨床心理士、がん薬物療法認定薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師、作業療法士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、事務
特 徴
がん患者さんの入院治療や自宅療養に際して、多職種からなる緩和医療チームが支え、患者さんの痛みあるいはその他の症状のコントロールを改善できるように支援しています。また、精神的な苦痛を和らげ、患者さんの生活の質を向上させるためにサポートします。
ICT(感染管理)ワーキンググループ
対 象
院内各部署
チームの目的
各部署の感染予防対策の実施・分析を行い、より適切な治療が行えるようサポートします。
参加するメンバー
病理科医、感染管理認定看護師、薬剤師、臨床検査技師、各ワーキングスタッフ
特 徴
抗菌薬が適切に使用されているかを検討し、入院患者回診を行い、患者さんを診察した後、主治医と治療内容・方針などについて議論し、より適切な治療に導くお手伝いをしています。
SMT(医療安全)ワーキンググループ
対 象
院内各部署
チームの目的
病院全体の医療安全に取り組み、医療事故・過誤の対策推進に努めます。
参加するメンバー
看護師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、各ワーキングスタッフ
特 徴
各部署内で起こったインシデントやアクシデントに対する分析や対応策を積極的に考案します。また、ワーキング会議や勉強会での内容を伝達し、医療安全の実情を知るために医療安全パトロールなど調査や対策の検討などのグループ活動を実施することで、医療安全に努めています。
認知症サポートチーム
対 象
認知症の入院患者さん
チームの目的
病棟スタッフと共に認知症の方が抱える身体の苦痛や心のつらさを理解し、それぞれの患者さんにとって安心できる療養環境を整え、最善の治療が受けられるように支援します。
参加するメンバー
認知症サポート医、認知症看護認定看護師、薬剤師、作業療法士、医療ソーシャルワーカー、事務
特 徴
週1回、カンファレンスとラウンドを行っています。入院中のケアのサポートをはじめ、治療後の療養先やリハビリに関するアドバイス、服薬の種類が多い患者さんには服薬調整のアドバイスなども行っています。
抗菌薬適正使用支援チーム(AST)
対 象
血液培養陽性症例、特定抗菌薬使用症例(カルバペネム系、ニューキノロン系、抗MRSA薬、広域ペニシリン)
チームの目的
耐性菌の発生を抑えながら、治療効果が最大となるように抗菌薬の適正な使用を支援します。
参加するメンバー
抗菌化学療法指導医を含む医師(ICD:Infection Control Doctor)、抗菌化学療法認定薬剤師、感染制御認定臨床微生物検査技師、感染管理認定看護師
特 徴
薬剤耐性菌対策は、WHOや伊勢志摩サミットなどで国際的にも必要性が認識されています。当院では、感染制御と抗菌薬を専門とする4職種のスタッフで広域の抗菌薬が使用されている患者さんへその使用が適正かの検討を毎朝行っています。検討結果は、院内での適切な使用を促すため主治医にフィードバックしています。
各主治医は目の前の患者さんを診て治すことに、ASTは治療の一歩先を見つめ耐性菌撲滅のために全力を注いでいます。
排尿ケアチーム
対 象
尿道カテーテル抜去後に排尿障害のある患者さん、尿道カテーテル留置中で尿道カテーテル抜去後に排尿障害を生じると見込まれる患者さん
チームの目的
尿道カテーテル抜去後の排尿障害の患者さんを排尿自立(排尿管理方法は問わず、自力で排尿管理が完結できること)の方向に導きます。
参加するメンバー
泌尿器科医、皮膚・排泄ケア認定看護師、看護師、作業療法士
特 徴
多職種からなるチームで、週に1度回診を行っています。下部尿路機能障害のある患者さんの情報を収集・評価して、排尿自立に向けた計画を立てます。
病棟看護師と協力して看護・リハビリ・薬物療法など多方面から包括的な排尿ケアを実施し、患者さんが自力で排尿管理ができるようサポートします。