医療法人豊田会 刈谷豊田東病院

お問い合わせはこちら 0566-62-5111

病院概況

ごあいさつ

院長 加藤恭三

当院は、2000年に(医)豊田会の「保健・医療・福祉分野で社会に貢献します」という理念の基、主として慢性期医療を担当する病院として開院されました。現在は療養病床148床と障害者病棟50床を有し、主として外来透析を担当する透析センター52床を有しています。また内科、整形外科、脳神経外科などの外来に加えて通院リハビリも提供しています。入院医療では、個々の患者さんの生命と生活機能を重んじ、必要な医療と療養環境を提供できるよう、医師、看護師、介護福祉士、リハビリ技師など全ての職員が協力しながら取り組んでいます。当院と刈谷豊田総合病院はオンラインで結ばれており、さまざまなデータや画像情報などが共有化され、密接に連携できるようになっています。これにより、外来も専門的で質の高い医療の提供が可能となっています。今後は電子カルテが共通化されることにより、さらに深く連携してまいります。

日本は急速な勢いで高齢化社会に突入しつつあり、当院の果たすべき医療の役割も徐々に変化しつつあります。当院は豊田会の施設の中で主として慢性期医療の部分を担当してきましたが、今後はそれに加えて地域の高齢者の方々のさまざまな医療ニーズに答えられる病院を目指してまいります。

理念・方針

理念・方針

豊田会理念 保健・医療・福祉分野で社会に貢献します 豊田会方針 温かい思いをこめた、質の高い保健・医療・福祉サービスを提供します

基本方針

  1. 患者さまの人権および生活背景を勘案した全人的医療を実践し、刈谷豊田総合病院および地域の医療施設との連携のもと、継続した良質な医療を提供します。
  2. 患者さまの自立を目指したリハビリテーションと、心あたたまる看護・介護サービスを提供します。
  3. QOL(生活の質)の向上や緩和ケアの実践など、患者および家族の皆さまのニーズを満たすプログラムを作成し、提供します。
  4. より良い療養生活を継続するため、患者さまにとって望ましい療養形態や有効な社会福祉サービスの利用法を検討し、支援します。

患者の権利と責務

私たちは、患者の皆さまの権利を尊重し、安全で質の高い医療の提供に努めます。そのためには、患者の皆さまの主体的な参加が不可欠です。以下に掲げる事項は、患者さんと医療従事者が守るべき事項です。

【患者の権利】

  1. 安心して最善の医療を公平に受ける権利を尊重します。
    患者さんは生命、身体、人格を尊重され、地位、国籍、人種、宗教、性別、疾病の種類によって差別されることなく、
    最善の医療を受けていただく権利を持っています。
  2. 医療機関を自由に選択し、他の医師の意見を求める権利を尊重します。
    患者さんは、検査や治療を受ける上で、医療機関を自由に選択する権利を持っています。
    また、どのような診療の段階においても、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利を持っています。
  3. 治療に関する情報を知り、説明を受ける権利を尊重します。
    • ・患者さん、またはその代理人は病名、症状、予後、治療と検査の内容とその危険性、
      薬の効用と副作用などについて理解できるまで説明を受ける権利を持っています。
    • ・治療、研究や教育の目的を含んだ医療行為について事前に説明を受ける権利を持っています。
    • ・診療記録の閲覧や写しの交付を受けたり、治療に要するまたは要した費用の明細、
      公的補助に関する情報の説明を受ける権利を持っています。
  4. 治療に関する方法を自己の意思で決定する権利を尊重します。
    患者さんは緊急時などの場合を除き、十分な情報と私たちの助言、協力を得た上で自己の意思により、
    検査、治療、その他の医療行為に同意し選択あるいは拒否する権利を持っています。
  5. 個人の情報が保護される権利を尊重します。
    患者さんは、その承諾なしに、個人の情報を直接医療に関与する医療従事者以外の第三者に開示されない権利を
    持っています。また、私的に干渉されない権利を持っています。

【患者の責務】

  1. 自ら選んだ治療方針に沿って医療に参加する責任があります。ご自身の健康に関する情報を医療者にできるだけ
    正確に伝え、また、同意された医療上の指示に従ってください。
  2. 病院の規則を守り、犯罪行為、迷惑行為を行わないなどの社会的ルールを守る責任があります。
  3. 検査や治療のために、必要な医療費を負担する責任があります。

医療法人 豊田会
2017年4月1日 [02版]

概要

名称 刈谷豊田東病院
所在地 〒448-0862 愛知県刈谷市野田新町1丁目101番地
TEL 0566-62-5111
FAX 0566-62-5258
設置主体 医療法人豊田会
院 長 加藤 恭三
病床数
病床数
198床(療養病床148床、障害者病床50床)
個室
16室 16床
2床室
1室2床
4床室
45室180床
透析(外来)
52ベッド
職員数 233名(2019年4月1日現在)
医師 14名、看護師 107名、准看護師 9名、看護助手 6名、介護福祉士・介護員 47名、
薬剤師 6名、診療放射線技師 3名、臨床検査技師 2名、理学療法士 4名、
作業療法士 3名、言語聴覚士 2名、臨床工学技士 11名、管理栄養士 2名、
医療ソーシャルワーカー 4名、事務員 11名、設備員 2名
規模・敷地面積 10,718.69㎡
建物延面積 13,513.32㎡
開院日 2000年4月1日
診療科目 内科・整形外科・脳神経外科・リハビリテーション科

施設基準

療養病棟入院基本料I、障害者施設入院基本料、療養病棟療養環境加算I、特殊疾患入院施設管理加算、看護補助加算、脳血管疾患等リハビリテーション料II、運動器リハビリテーション料I、呼吸器リハビリテーション料I、薬剤管理指導料、地域加算、医療機器安全管理料I、検体検査管理加算I、医療安全対策加算2、地域連携診療退院時指導料、遠隔画像診断、ニコチン依存症管理料、がん性疼痛緩和指導管理料、総合評価加算、地域連携診療計画管理料、がん治療連携指導料、患者サポート充実加算、糖尿病透析予防指導管理料、糖尿病合併症管理料、下肢末梢動脈疾患指導管理加算、感染防止対策加算2、在宅復帰機能強化加算、認知症ケア加算2、診療録管理体制加算2、CT撮影及びMRI撮影、人工腎臓、導入期加算1、透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算、データ提出加算1

施設認定

保健医療機関 2000年 4月 1日
労災指定医療機関 2000年 7月 1日
結核医療機関 2000年 4月 3日
原爆被爆者一般疾病医療機関 2000年 4月 3日
生活保護法指定医療機関 2000年 4月 3日
指定自立支援医療機関(育成・更生) 2002年 4月 1日
指定自立支援医療機関(精神通院医療) 2006年 4月 1日
臨床研修病院 2009年 9月24日
特定医療(指定難病)指定医療機関 2014年 12月10日

学会認定

日本静脈経腸学会認定NST稼働施設 2006年 2月7日
日本栄養療法推進協議会認定NST稼動施設 2007年 9月1日

沿革

                                                                                                              
2000年4月 開設 病床数100床
2001年4月 病床数 120床
2001年11月 病床数 122床
2002年5月 透析センター開設
2004年2月 ISO14001認証取得
2005年5月 日本医療機能評価機構(療養病院)認定
2006年3月 東棟新設 病床数 228床
2006年4月 病院名称変更「刈谷豊田東病院」
2006年10月 病床数 230床
2007年12月 ISO14001認証取得/登録から自己宣言へ
2008年4月 ISO9001認証取得
2010年5月 日本医療機能評価機構(療養病院Ver.6.0)認定
2015年3月 日本医療機能評価機構「機能種別評価項目3rdG:Ver.1.0」(慢性期病院)認定
2019年4月 病床数 198床
2019年7月 病院名称変更「刈谷豊田東病院」